活用分野|エンルートドローンが活躍する場

エンルートのドローンは、農業、測量、建設、インフラ保守、設備メンテナンス、資材管理、空撮映像、消防、災害事故対応など、さまざまなソリューションの場で活躍しています。


農業

事例:農業改革・作業支援

ドローンは、これまでの農業のあり方を変える強力なツールとして活躍しています。農薬や粒剤散布などの作業効率を飛躍的に高め、センサーカメラ搭載により様々な分析を実現。生育の悪いエリアには、ピンポイントで農業散布を行い「高品質で均一な農作物の育成」を可能にするなど、新しい農業を推進しています。

使用機器

  • 自動航行型ドローン
  • 農薬散布型ドローン
  • 可視光カメラ
  • 生育センサー

テクノロジー

  • 農業用GIS

測量

事例:空中写真測量・レーザー測量

国土交通省の推進する『i-Construction』により、マルチコプターによる空中写真測量は様々な現場で活用されています。エンルートの測量用ドローンは、『カメラ位置を直接計測できる『TS トラッキングUAS』を世界初で標準で搭載。これにより標定点設定が不要になるため空中写真測量の大幅な合理化を実現しました。また、測距能力、高速・高精度・高密度の計測性能で、世界最高レベルの性能を誇るRIEGL社のレーザースキャナー搭載したLS1500Rを開発。ドローンによる高品質レーザー測量を実現しています。

使用機器

  • 自動航行型ドローン
  • TSトラッキングUASシステム
  • 高品質3次元レーザー測量
  • 撮影用カメラ

テクノロジー

  • 空中写真測量システム

インフラ保守

事例:橋梁、ダム点検・送電線点検

橋梁やダム、送電線などの点検を行うためには、多くの労力と多額の費用が必要でした。これらの作業を、赤外線カメラを搭載したドローンに代用させることにより、点検作業の大幅なコストカットを実現。また、地震発生時などに実施する緊急点検においても、機動性を活かしたスピーディな点検作業で2次災害を防ぎ安全を確保します。

使用機器

  • 自動航行型ドローン
  • ジョイスティック型簡易コントロールBOX
  • 赤外線カメラ 一眼レフカメラ
  • 小型カメラ (遠隔制御用)
  • 撮影用照明

テクノロジー

  • 有線給電
  • 画像処理フライトコントロール

災害事故対応

事例:河川の氾濫・土砂崩れ被害状況調査

集中豪雨による河川の氾濫や土砂災害などの現場では、災害場所の状況をいち早く把握し復旧計画の策定が必要です。ドローンなら、道路が分断し人が入れない現場でも容易に侵入。空撮により現場データを収集し3次元モデルを作成することで被害の状況を把握、迅速な被害対応を可能にします。現在、ドローンによる調査は、洪水、火山、土石流などの多くの災害現場で導入されています。

使用機器

  • 自動航行型ドローン
  • 空撮用カメラ

テクノロジー

  • 3Dオルソ画像
  • 衛星通信
  • リアルタイム映像転送

救助

事例:水難・山岳救助支援

ドローンは、河川の中洲に取り残された人の救助や、海難、山岳遭難など救助現場でも活躍し成果を上げています。命を守るためには救助者を早期に発見し、ロープや浮き輪、食料や医療器具などを一刻も早く届ける必要があります。このような緊急ケースで、ドローンは抜群の機動性を発揮します。救出資材を搭載し事前に出動させることで、本格的な救助活動を支援します。

使用機器

  • 自動航行型ドローン
  • 空撮用カメラ
  • サーモカメラ
  • ドローン搭載型ウィンチ

テクノロジー

  • レスキューコントロールシステム

消防

事例:火災や災害現場の状況確認

火事や事故などの被害を最小限に抑えるためには、現場の状況を的確に確認し初動体制を構築することが重要となります。その状況確認に、ドローンが積極的に活用されています。容易に人や車両が近づけない現場や、交通渋滞や崖崩れ等の道路遮断があっても、ドローンなら短時間で到達でき現場状況の映像を本部に伝送することができます。さらに煙幕がある現場では、サーモカメラにより現場の状況や人の存在を正確に把握するなど、消防分野での活用に大きな期待が寄せられています。

使用機器

  • 自動航行型ドローン
  • ズーム式高感度撮影用カメラ
  • サーモカメラ

テクノロジー

  • リアルタイム映像転送

空撮映像

事例:空撮・映像

空撮映像は、これまでセスナやヘリコプターに頼らざるをえませんでしたが、ドローンの登場により簡単に手軽に行えるようになりました。撮影クオリティも格段に向上し、高品質で安定した映像を撮影。ドローンは、映像制作、コンサート、イベント、災害現場、調査など、今やなくてはならない存在となっています。

使用機器

  • 自動航行型マルチコプター
  • ジョイスティック型簡易コントロールBOX
  • 業務用映像カメラ
  • 小型カメラ(遠隔制御用)

テクノロジー

  • 被写体自動追尾

環境調査

事例:大気汚染計測・拡散予測システム
PM2.5のような化学物質や化石燃料による二酸化炭素、放射性物質の拡散など、大気汚染は社会の大きな問題となっています。ドローンは、このような環境調査の分野にも積極的に利用されています。ダストサンプラーや計測機器を搭載し、複数観測点の大気汚染濃度の分析による汚染の拡散予測など、ドローンの機動性を活かし精度の高いデータ収集が可能です。

使用機器

  • 自動航行型マルチコプター
  • ダストサンプラー

テクノロジー

  • マルチノードテレメトリー
  • GIS

投稿日:2018年1月9日 更新日:

Copyright© エンルート|農業・測量・インフラ点検用ドローンの販売から講習まで , 2019 All Rights Reserved.