お知らせ ニュース

2020年春、エンルートが農薬散布用新型ドローンAC101を発売

投稿日:2019年10月8日 更新日:

株式会社エンルートは、農薬散布に最適な最新機能を軽量・コンパクトな機体に搭載し、さらに低燃費も実現した『農薬散布用新型ドローンAC101』(以下、新型ドローンAC101)を2020年春シーズンより発売いたします。これに先駆け、2019年10月9日から開催される「第9回農業Week」において本機を展示いたします。

最新機能を軽量・コンパクトに搭載、低燃費を実現!

農業散布用新型ドローンAC101

新型ドローンAC101は、取り外しを不要にした折りたたみ式プロペラを4基搭載。バッテリ交換効率を向上し、液剤タンクにはスムーズな脱着を実現するレール式構造を取り入れ、作業後のメンテナンスも容易にするなど、機体本体とオプションパーツにおいて大幅な改良を加えました。その結果、10Lの薬剤タンクを搭載する従来の大型機AC1500の機体重量(バッテリ除く)11.9kgに比べ、40%もの軽量化と45%の小型化を実現。さらに、1バッテリで最大2.5ha(※1)の散布能力をも実現しました。(※1:15㎞飛行で4L/50aを5回散布)

新型ドローンAC101は、コントローラーも刷新しました。大きく見やすい7インチモニター付きのコントローラーは「自動離着陸」「直進アシスト」「ABモード」「飛行連動散布」など、オペレーターの操縦を支援する飛行機能も搭載。飛行ログの設定、確認や操作がスムーズにできます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

-お知らせ, ニュース

Copyright© エンルート|農業・測量・インフラ点検用ドローンの販売から講習まで , 2019 All Rights Reserved.