トピックス ニュース

測量から農業、防災関連まで、用途に合わせたカスタマイズ性が好評だった国際ドローン展

投稿日:

2019年4月17日から3日間にわたり幕張メッセで開催された第5回国際ドローン展は、5000人を超える来場者を記録しました。エンルートのブースでは『いま使える日本の「働くドローン」』をテーマに測量機から農業機、汎用性を重視した新型機体など多数を展示。ドローンを利活用するさまざまな業界関係者の方々にご来場いただきました。

エンルートのブース

 

「働くドローン」のエンルートをアピール

注目を集めたのは、測量機では昨年11月の発表以来話題を集めているレーザースキャナ搭載のLS1500Rやドローン測量に革命をもたらしたトプコンのTSトラッキングUAS対応機QC730TS。農業用ドローンでは、使い易さ重視の改良を施したAC1500 2019年モデルを回転台に展示し、数々の改良点に好評をいただきました。さらには、災害時に長時間活躍するドローン中継局やコネクシオ株式会社と共同開発した LoRaWAN 基地局機能を持つIoT ゲートウェイ搭載「CLOUDWALKER」や「消防活動用ドローン」「送電線点検ドローン」「吹付ドローン」「橋梁点検用ドローン」など、まさに「働くドローン」のエンルートをアピールする展示となりました。

AC1500 2019年モデル

ドローン中継局

 

新型機も展示

エンルートは、今後も産業用ドローンに求められる「用途に合わせたカスタマイズ性」を重視した設計で、製品ラインナップの充実と市場の要求に応えてまいります。

-トピックス, ニュース

Copyright© エンルート|農業・測量・インフラ点検用ドローンの販売から講習まで , 2019 All Rights Reserved.