お知らせ ニュース

エンルートの「働くドローン」大集合。第5回 国際ドローン展は2019年4月17日から開催

投稿日:2019年4月3日 更新日:

第5回 国際ドローン展は、2019年4月17日(水)から19日(金)まで、千葉・幕張メッセで3日間にわたって開催されます。

今回のエンルートのブースでは、数々の改良を加え、より使いやすくなった大型農業機AC1500 2019年バージョンをはじめ、コネクシオ株式会社と共同開発した、LoRaWAN基地局機能を持つIoTゲートウェイ「Armadillo-IoT」搭載ドローン「CLOUD WALKER(仮称)」、高精度の3次元レーザー測量を実現したレーザー測量ドローンLS1500R、携帯電話基地局の代わりに被災地上空で電波を捕捉・中継するドローン中継局、さらには新開発の中型機における最新情報など、農業から災害・防災、測量・空撮、インフラ点検に至るまで、いま使える日本の「働くドローン」が勢ぞろいします。

AC1500液剤散布機

AC1500 液剤散布機

国際ドローン展は、ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会です。さまざまな産業分野で、ドローン導入が加速度的に進んでいる昨今、国際ドローン展への関心も年々高まる傾向にあります。エンルートブースも、実機の展示に加え、その場で技術的な質問にも対応できるスタッフが常駐しています。すでにドローンをお使いになられている方も、これからドローンの導入を検討されている方も、ぜひエンルートの展示ブースにご来場いただき、事業への利活用につながる情報収集の場としてお役立てください。

第5回 国際ドローン展
会期:2019年4月17日(水)~19日(金)10:00~17:00
会場:幕張メッセ(7ホール)
エンルートブース:7B-06
主催:一般社団法人日本能率協会
https://www.jma.or.jp/drone/

-お知らせ, ニュース

Copyright© エンルート|農業・測量・インフラ点検用ドローンの販売から講習まで , 2019 All Rights Reserved.