ニュース

5G・第5世代移動通信時代の未来が解る「DOCOMO Open House 2018」 ドローンも貢献

投稿日:

NTTドコモ、富士通と共同で「ドローン中継局」を展示

2018年12月6日、7日の二日にわたり東京ビッグサイトで「DOCOMO Open House 2018」が開催。5Gに加え、AIやIoTなどの最新技術から、それらを活用したビジネスソリューションまでNTTドコモ様が切り開く未来が幅広くご紹介された。その中で災害対策の分野において株式会社NTTドコモ、富士通株式会社とエンルートは共同で「ドローン中継局」を展示。災害エリア周辺の迅速な通信復旧をドローンにて実現する新たな災害対策をアピールした。

災害復旧の分野で新たなドローンの可能性が広がる

「ビジネスを、世界を、5Gで革新する。」をテーマに開催された「DOCOMO Open House 2018」は、5Gのあらゆる可能性を一堂に集めたビッグイベント。通信が5Gになれば、ロボットや建設機器の遠隔操作、遠隔診療、高臨場感遠隔合奏、次世代モビリティへの取り組みなど、5Gを使った産業と暮らしは、ここまで変わる、広がるという具体的な未来のサービスを体験できるブースに多くの見学者が集まった。

5Gとは、第4世代携帯電話(4G)あるいは4G LTEの上位に位置づけられる次世代の移動体通信の通信方式の通称である。5Gでは前世代に比べてさらに高速かつ大容量の通信が可能とあって、あらゆる業種で最新技術の動向が注目されている。

一方、通信の進化に伴い一層重要性を増している災害復旧の分野でエンルートはNTTドコモ、富士通と共同で「ドローン中継局」を展示。災害時の圏外エリア復旧のため、ドローンを用いて周辺のドコモ基地局電波を上空で中継し、臨時のエリアを形成。可搬性に優れる為、被災時に地盤の影響等に左右されず迅速な一次復旧を実現。有線給電により24時間を超える長時間のエリア形成が可能になる、というものだ。

「ドローン中継局」は高い位置から電波を送受信でき、短時間の設営が期待できることから、迅速に災害対策を行いたいという意図で開発がスタートした。ドコモの災害対策は、技術の進歩や自然災害の多様化に応じて進化しており、様々な対策の一環として、ドローンの活躍には期待しているとのことだ。

-ニュース

Copyright© エンルート|農業・測量・インフラ点検用ドローンの販売から講習まで , 2019 All Rights Reserved.